覆面調査のお仕事

覆面調査のお仕事とは?

お客さまとして飲食やサービスを提供しているお店に行き、接客対応や
清潔感などをチェックし
報告していただくお仕事です。

ラウンドのお仕事

ラウンドのお仕事とは?

ドラッグストアや家電量販店、スーパーなどのお店で
商品の陳列や販促物の設置
を行うお仕事です。

推奨販売・その他のお仕事

推奨販売のお仕事とは?

店頭に立ち、商品のアピール、販売強化、新商品のお勧めをして頂き、
消費者へ商品を広める
お仕事です。

クルー登録会

お知らせ

2016年08月10日(水) 重要 夏期休業のお知らせ
2016年07月28日(木) MediF表示更新のご案内
2016年07月27日(水) 重要 システムメンテナンスのご案内
2016年07月20日(水) 重要 システムメンテナンスのご案内
2016年07月11日(月) 重要 システムメンテナンスのご案内

お知らせ

個人情報保護に関する理解度テスト

現在、当社ではスタッフの皆様の個人情報を含め、業務上多数の個人情報を取扱っており、クルーの皆様、及びクライアント様を含む取引先の企業様に明確なかたちで個人情報の取り扱い状況をご確認いただくため、プライバシーマークを取得しております。

当該規格を維持するために、社内での体制を整えることはもちろん、当社にて業務を委託しております、クルーの皆様に対しても個人情報の取り扱いについて理解していただき、個人情報の取り扱いには細心の注意を払っていただくため、皆様についても個人情報についての教育及びテストを年に一度実施させていただいております。

テストを終了しない限り、弊社からの業務の依頼はできかねますので、必ずテストを受けてください。
また、1年経過すると再度テスト受験の画面が表示されますので、再度テスト実施の方よろしくお願いします。

テスト実施前に個人情報保護について理解しましょう

個人情報とは何か

「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。

【例】
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 健康管理に関する情報
  • 音声

また、個人情報の中でも、特に他人には知られたくない情報というものがあります。例えば、資産関係の情報やクレジットカード番号のように、犯罪に利用される恐れのある情報もあります。また、信仰、思想、病歴、身体的な特徴などに関する情報は、とくに他人に知られたくないと思う人も多いでしょう。このような個人情報は機微な個人情報、またはセンシティブ情報、ハイセンシティブ情報などと呼ばれ、より慎重な取扱い、管理が求められます。
「個人情報保護法」では、個人情報は生存する個人を対象とする、メールアドレスは本人が特定できる場合に限る、などの定義がありますが、細かな定義にこだわらず、広く個人に帰属する情報と考えてください。  ただし、広く不特定多数の人に公開されている情報や、企業名、組織名、役職名のみで個人が特定できない場合には、個人情報とはなりません。

なぜ個人情報を保護しなければならないのか

個人情報の流失が起きた場合に、単に誰かの目に個人情報が触れてしまうだけでなく、二次被害を起こす可能性があります。それにより、情報が流失した個人に対して、なりすましによる犯罪、ストーカー、その他犯罪や、不必要なセールスを受ける等の被害が起こる可能性があります。
個人には、プライバシー権(個人の私生活に関する事柄(私事)、およびそれが他から隠されており干渉されない状態を要求する権利)があり、ひとたび個人情報の流失が起こった場合、このプライバシー権が侵害されることになります。このプライバシー権を守ることも、個人情報の流失を防ぐための重要な目的です。
また、なぜ個人情報の保護が近年取り上げられているかというと、情報化社会の進展とともに、コンピューターなど情報処理を行う機器の発展などによって、行政・民間が保有する膨大な個人情報を容易に処理することが可能となり、プライバシー侵害への危険性、不安が増大していったためです。
世界的には、1980年にはOECD理事会で「プライバシー保護と個人データの国際流通についてのガイドラインに関する勧告」が採択されるなど、国際的にも個人情報の取扱いやプライバシーの保護が次第に重要視されるようになりました。
日本では、法整備が遅れておりましたが、住民基本台帳ネットワークの稼動(2002年)や数々の個人情報漏洩事件の多発を受けて、2003年に個人情報保護が成立しました。

個人情報の保護等に関して気をつけること

氏名、住所、電話番号等が記載してある書類、名刺など、個人情報が記載されている書類は、人の目に触れず、鍵のかかるところへしまう。
上記書類を処分する場合には、細かく裁断するなど、復元不可能な形にして捨てる。
データの形で保管する場合には、必ずパスワードをかける。
データのメールでのやり取りは基本的に行わない。必要がある場合には、パスワードを書けた上で行う。
たとえ親しい人であっても日常会話などで、個人情報や業務の内容に関することを話さない。
個人情報を送付する場合には、相手の受け取りを確認できる方法で送付する。
業務で使用するパソコンなどにはパスワードをかけ、その周辺にパソコンやメディフなどのパスワードなどの書置きを置かない。
パソコン等はセキュリティソフト等の対策を行う。
その他、個人情報や業務に関する情報を放置、口外しない。

Q.1 次のうち個人情報に当てはまらないものはどれか。




Q.2 次のうち正しいのはどれか




Q.3 次のうち正しくないのはどれか




Q.4 下記の文章の( )に当てはまる言葉を選択肢の中から選びなさい。
-------------------------------------------------------------------------------------------
個人情報保護法における個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる、氏名、生年月日その他の記述等により(   )を識別することができるもの」である。
-------------------------------------------------------------------------------------------




Q.5 以下の選択肢のうちセンシティブ情報に含まれるものはどれか。




Q.1 次のうち個人情報に当てはまらないものはどれか。

回答:

正解:会社名

解説:解説:会社名のみでは、個人を特定できないため個人情報とはなりません。
しかし、会社名や役職に氏名がついた場合、特定ができるので、個人情報という扱いになります。

Q.2 次のうち正しいのはどれか

回答:

正解:パソコンはログインパスワードを掛け、スクリーンセイバーもパスワードを掛け、第三者が勝手に閲覧できないように設定している。

解説:第三者へ情報が漏れないように、書類は整理して人目につかない場所に保管し、パソコンにパスワードをかけるなど、意識して行ってください。
また、メディフのパスワードなどは、メモをPCの周辺に残さず、第三者の目に触れないところにしまってください。

Q.3 次のうち正しくないのはどれか

回答:

正解:業務が終わり、業務の内容や個人が特定できる情報を居酒屋等で友達などと会話をした。

解説:業務に関しての詳細は、いつ、どこで聞かれるかも分からないので、基本的に外であまり話さないようにしてください。また、知人等からマニュアルを見せてほしいといわれたり、調査している店舗の名前を聞かれた場合でも、基本的には機密情報ですので、マニュアルを見せたり、口外しないようにしてください。

Q.4 下記の文章の( )に当てはまる言葉を選択肢の中から選びなさい。
-------------------------------------------------------------------------------------------
個人情報保護法における個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる、氏名、生年月日その他の記述等により(   )を識別することができるもの」である。
-------------------------------------------------------------------------------------------

回答:

正解:特定の個人

解説:個人情報の定義です。特定の個人が識別できるものは全て個人情報ですので、取り扱いには気をつけてください。

Q.5 以下の選択肢のうちセンシティブ情報に含まれるものはどれか。

回答:

正解:クレジットカード番号

解説:人から特に知られたくないような個人情報をセンシティブ情報といいます。特に学歴、信仰、身体的特徴、思想、病歴などの取り扱いは気をつけてください。

反社会勢力排除の取り組みについて

拝啓 メディアクルーの皆様におきましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。
さて、この度、弊社は政府方針である「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」を踏まえ、その社会的責任を強く認識するとともに、反社会的勢力による経営活動への関与や、当該勢力による被害を防止し、コンプライアンス経営を徹底するための一環と致しまして、反社会的勢力との取引を未然に防止するために、クルーの皆様に対して、下記の確約を行なっていただく事となりました。

クルーの皆様においては、大変お手数ではございますが、下記の文章をご一読戴き、下記についての確約をおねがいいたします。

当社は、今後も反社会勢力との関係遮断の為の取り組みを積極的に推進して参ります。

敬具

私は、以下の内容についてそれぞれ確約します。

  1. (1) 私は、現在、暴力団員・暴力団順構成員・総会屋等の反社会勢力に該当せず、且つ将来にわたっても該当しません。

    (2) 私は、自ら又は第三者を利用して暴力的な要求をすること、法的な責任を超えた不当な要求をすること、取引に関して脅迫的な言動をすること、又は暴力を用いること、威力を用いて貴社の信用を毀損すること、又は貴社の業務を妨害する行為等を行いません。
    なお、(1) のいずれかに該当する場合、もしくは (2) のいずれかに該当する行為をすること、又は (1) に基づく確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、取引が停止され、又はMediFの登録が解除されても異議申し立てを致しません。また、これにより損害が生じた場合でも、全て私の責任といたします。

  2. 私は、貴社以外の第三者との委託契約又は雇用契約があった場合でも、貴社との業務委託を締結し、貴社の業務を受託・遂行することを契約書または就業規則等で禁止されておりません。
    なお、これが虚偽であった場合、取引が停止され、又はMediFの登録が解除されても異議申し立てを致しません。また、これにより損害が生じた場合でも、全て私の責任といたします。

以上

株式会社メディアフラッグ

管理部

注意事項

 さん


いつもメディアフラッグのお仕事へご協力頂き、ありがとうございます。
メディアクルーの皆さんへ メディアフラッグからのメッセージです。


お忙しい中とは思いますが、ご確認下さい。
確認後、最下部の既読ボタンを押すと通常のマイページへ移動します。


私たちメディアフラッグは、
「お店が良くなれば、お客様も喜ぶ。流通業の発展に寄与することで、社会性ある事業を創造する。」という信念を大切にしています。
メディアクルーの皆さんにも、同じ気持ちをほんの少しだけでも感じてもらえたら、とても嬉しく思います。皆さんからの一つ一つのレポート、一人一人の声が流通業の明日への貴重な架け橋です。


メディアクルーの皆さんへのお願い

1、機密情報の取り扱いについて

メディアフラッグはメディアクルーの皆さんと業務委託契約を結んでいます。
お仕事をする時には、次のことに十分ご注意ください。

・書類、マニュアル、設問表内容、回答、お仕事情報などの情報を開示・漏洩しないでください。(掲示板やホームページ・ブログへの記載、動画閲覧サイトへのアップロードを含みます。)
・IDとパスワードを不正利用しないでください。
・ご依頼した業務を第三者へ再度依頼しないでください。


【参考】業務委託契約書(抜粋)
第5条 スタッフの禁止事項
スタッフは、本事業の遂行に関連して、下に該当する行為またはその恐れのある行為を行ってはならないものとします。
・MediF掲載事項、業務を行う際に必要なファイルのダウンロード、メール、またはFAXなどで入手したあらゆる書類、設問表内容、回答などを含む当社事業に関する情報を第三者に開示・漏洩する行為(掲示板ホームページへの掲載を含みます。)
・IDとパスワードを不正利用する行為
・本サイトを不正利用する行為
・当社がスタッフへ依頼した業務を第三者へ再度依頼する行為


2、メールアドレスの使用可能文字について

メディアフラッグではメールアドレスに使用できる文字を制限しています。
正しいメールアドレスでも以下の事項に当てはまるメールアドレスをお持ちの方はメディアフラッグからのメールを受信できない可能性があります。
※以下にご注意下さい。
・メールアドレスにスペースが入っている。
・メールアドレスの先頭に「-(ハイフン)」を使用している。
・次の記号を使用している。 「( )  \ ,  :  ;  [ ]」
・ドメイン指定受信をしている。mediaflag.co.jpからの、メールを受信許可に設定してください


3、登録情報について

・メールアドレス、携帯電話番号が未登録もしくは異なっており、緊急の連絡がつかないことがあります。登録情報に変更があった場合は、速やかに訂正・修正変更してください。
・住所は番地、部屋番号まで正確に登録してください。荷物が届かなく、お仕事が実施できない場合があります。
・報酬を支払う為、口座情報は正確に登録してください。
・一度登録情報をご確認頂けますようお願い致します


4、レポート報告について

・ レポートは遅くとも当日以内での提出をお願致します。
画像の貼り間違いや内容の入れ間違いにはくれぐれもご注意下さい。
※特に同じお仕事で複数店舗実施した際は、内容の酷似や引用等々のないようご注意下さい。



メディアクルーの皆さんが気持ちよくお仕事して頂くためにも、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

規約

MediFでお仕事をして頂くためには、「業務委託契約書」「ポイント利用規約」、「個人情報のお取扱いについて」に同意して頂く必要があります。
必ず規約内容をご一読のうえ、規約内容に同意して頂きますようお願い致します。

業務委託契約

ポイント利用規約

個人情報のお取り扱いについて

業務委託契約

第1条 総則

  1. 本規約は、株式会社メディアフラッグ(以下「当社」という)が行うリアルショップリサーチ事業、ラウンディング事業、その他当社がスタッフ(第2条に基づきスタッフとして登録された者をいう)に対し依頼する一切の事業(以下「本事業」という)に関して第2条に定めるところにより、当社がスタッフとしての登録を承認したスタッフと当社との間における権利義務関係を定めるものです。
  1. 当社が適切と判断する方法・手段にて、制定、変更または修正の都度スタッフに対してお知らせする諸規定は、本規約の一部を構成するものとし、スタッフは、お知らせを受けた諸規定の通知を受けたのち、本業務の応募、研修会の参加又は本業務の遂行等を行った場合には、これを承認したこととみなし、新しい条項を遵守するものとします。
  2. スタッフへの各本業務の依頼及びその他の連絡等を行う場合には、当社が運営するウェブサイト(以下「本サイト」とする)上で、スタッフ専用のページ(以下「MediF」とする)を設け、 本業務の案件の開示、募集、各種資料の提供、当社への請求が行われるものとします。
  3. 当社は、スタッフの事前の承認を得ることなく、本規約および前項の諸規定を変更することができるものとします。スタッフは、お知らせを受けた諸規定の通知を受けたのち、業務の応募、研修会の参加および業務の遂行等を行った場合には、これを承認したこととみなし、新しい条項を遵守するものとします。
  4. 当社が本サイト上で掲示する個人情報の取り扱いに関する規定その他の当社規定において本規約(第2項により承認したこととみなされる諸規定及び前項により変更された本規約及び諸規定を含みます。)の定めと異なる規定がある場合、本規約の規定が優先して適用されるものとします。
  5. 当社においてのスタッフの位置づけは、個人事業主となります。当社から依頼する業務に関しては、全て業務委託となります。当社からの収入に関しては、必ず確定申告を行い、税金の納付を行ってください。
  6. 本条第6項により、本事業の責任に関しては、一切をスタッフが負うこととし、本事業の遂行により発生した問題に関して、当社は一切責任を負わないこととします。
  7. 本規約は、スタッフに依頼する業務やスタッフフィーの発生等について、スタッフに対して何ら保証するものではありません。

第2条 スタッフの資格

  1. 当社の定めるスタッフは、以下の各要件を満たす必要があるものとします。
    (1)   義務教育終了後で満15歳以上であること。なお、20歳未満の登録の申し込みの場合は、スタッフへの登録手続きについて保護者からの同意を得るものとします。
    (2)   携帯電話を所有し、その携帯電話から当社システムへのアクセス、及び携帯電話による当社のシステムの稼動に問題が無いこと。
    (3)   MediFへとアクセスできるPCを持ち、MediFの閲覧及び各種ファイルの閲覧が可能であること。
    (4) スタッフ所有のPCおよび携帯電話にて、当社のメールが送受信できること。
    (5)   当社がスタッフとして不適当と判断する場合に該当しないこと。
  2. 前項の要件を満たす者が本規約内容に同意の上、当社所定のスタッフの登録の手続きの全てを完了し、当社からIDとパスワードの交付を受けることによりスタッフとして登録されるものとします。但し、当社がスタッフとして不適当と判断する場合、IDとパスワードの交付後でもあってもスタッフ登録の取り消しをスタッフへの事前通達なしに行うことがあります。
  3. スタッフへの業務の依頼に関しては、スタッフへ電子メールを送付し、これを発注書の代わりとします。本規約に同意された場合は、発注書をメールにて受け取ることを同意したこととします。
  4. 下記の条件に当てはまるスタッフ希望者に関しては、当社はスタッフとしての登録を行わないことができます。

    ・スタッフ希望者が、すでに登録されていた場合
    ・スタッフ希望者が、過去にスタッフの資格の取り消し等の処分を受けていた場合
    ・登録内容に虚偽があった場合
    ・その他、当社がスタッフとしての登録を不適当と判断した場合

第3条 IDおよびパスワードの管理

  1. スタッフ登録後、提供される業務の概要、それに対する応募、及び業務に対する請求等に関して、前条に基づき当社から交付されるIDおよびパスワードを使用するものとします。
  2. 登録されたスタッフのID及びパスワードについて、スタッフは秘密としてこれを管理し、第三者に開示せず、又使用させないものとします。スタッフの管理ミスにより当社クライアント又は当社に損害が生じた場合、その損害はスタッフが負うものとします。
  3. ID及びパスワードの管理とその使用に関しての責任は、全てスタッフ本人が負うものとします。

第4条 スタッフの登録情報

  1. スタッフの登録情報は、当社が保有するものとします。
  2. スタッフの登録の際に申告する登録情報の全ての項目に関して、いかなる虚偽の申告もしないものとします。
  3. 氏名・住所・電話番号・メールアドレス等、スタッフ個人を識別する事のできる情報を除き、登録された情報を本人の承諾なく第三者に開示することもあります。スタッフ個人を識別できる情報の開示については、法令に基づき開示が認められる場合を除き、当社は事前にスタッフから承諾を得るものとします。
  4. 当社は、業務のレポートの正確性・品質維持を目的として、登録情報にある者が登録者本人であること、登録情報の内容が正確であること等の確認を行うことができるものとします。
  5. 当社では、スタッフが業務依頼を承諾後、回答提出日時を過ぎても回答の提出がない場合、スタッフへ電話、メール等により、確認ができるものとします。
  6. また、当サイトで募集した業務依頼への応募数が基準を満たさなかった場合、当社はスタッフが登録したメールアドレスまたは電話番号を使用し、スタッフ募集案内ができるものとします。

第5条 スタッフの禁止事項

  • スタッフは、本事業の遂行に関連して、下に該当する行為またはその恐れのある行為を行ってはならないものとします。
    ・ 公序良俗に反する行為
    ・ 反社会的な団体への所属、利用、便宜を図ること、自身または第三者を利用した暴力行為、詐術、脅迫、その他名誉や信用を毀損する行為およびそれらの活動へ荷担する行為
    ・ 法律・条令その他の法令に違反する行為
    ・ 当社、他のスタッフまたは第三者の権利を侵害する行為
    ・ 他のスタッフまたは、第三者を誹謗・中傷する行為
    ・ 他のスタッフまたは、第三者に不利益を与える行為
    ・ 本事業遂行中の選挙運動もしくはこれに類似する行為、または公職選挙法などの法令に違反する行為
    ・ 本事業の運営の妨害をする行為
    ・ 当社が承認していない本事業に関連した営業活動
    ・ メールアドレス、ID又はパスワードの譲渡、売買、貸与等の行為
    ・ 同一人物による重複スタッフ登録、または、なりすまし登録などの行為
    ・ 同業他社の社員または家族、スタッフ、親しい友人等が、当社情報を取得することを主な理由としてのスタッフ登録をする行為
    ・ MediF掲載事項、業務を行う際に必要なファイルのダウンロード、メール、またはFAXなどで入手したあらゆる書類、設問表内容、回答などを含む当社事業に関する情報を第三者に開示・漏洩する行為(掲示板やホームページ・ブログやSNSへの記載、動画閲覧サイトへのアップロードを含みます。)
    ・ IDとパスワードを不正利用する行為
    ・ 本サイトを不正利用する行為
    ・ 不正回答をする行為
    ・ 脱税等の不正行為
    ・ 当規約に反する行為
    ・ 当社がスタッフへ依頼した業務を第三者へ再度依頼する行為
    ・ その他、当社が不適当と判断してスタッフに告知する行為

第6条 電子メールの受・発信

  1. スタッフは、当社と電子メールの受・発信を行う場合には、登録情報で申告したものと同じメールアドレスを使用するものとする。
  2. 登録情報の内容と異なるメールアドレスにて受・発信を行ったことにより当該スタッフに不利益または、損害が発生した場合であっても、当社はその責任を負わないものとします。
  3. スタッフは、当社からの電子メールに対して返信するにあたり、当社の指定する方法により返信するものとします。
  4. 当社の指定と異なる方法で返信を行ったことにより、当該スタッフに不利益または損害が発生した場合であっても当社はその責任を負わないものとします。
  5. 当社からスタッフに対して発信された電子メールまたはスタッフから当社に対して発信された電子メールの不達により当該スタッフに不利益または損害が発生しても、当社はその責任を負わないものとします。

第7条 業務の遂行

  1. MediF上の案内、または当社からの募集案内(電話・メール)を受けた場合、スタッフは自由に業務に応募する、しないを選択する権利を有します。また、MediF上に記載された業務内容、業務の日程、報酬(以下「スタッフフィー」といいます。)等に関して、スタッフが当社が指定する方法で応募の手続きを行った場合に、正式な業務への応募が確定します。ただし、この時点では、正式な注文ではなく、いかなる契約も成立していません。
  2. 応募確定後、当社の裁量により業務を依頼するスタッフへ発注に関する電子メールが送付され、MediFに同様の内容が記載されたファイルがダウンロードできるようになります。左記の電子メールを送付時点から当社指定の時間内に当社が指定する方法にて業務の受託の手続きを行った時点で、正式な業務の発注となり、この時点で当社からスタッフへの正式な本業務の契約が成立します。指定の時間を過ぎた場合には、業務の発注は取り消しとなり契約は成立しません。また、送付されたメールおよびダウンロードされたファイルは発注書となりますので、必ず保管をするようにしてください。
  3. 業務を受諾した場合、当社から指定された期日に行われる研修、及び当社が作成したマニュアルに基づき、業務を行っていただきます。また、業務のレポートに関しては、指定のウェブサイト(以下「マーケットウォッチャー」という)へPC又は携帯電話よりアクセスし、原則として業務終了後、原則1時間以内にレポートを提出していただきます。ただし、諸事情により1時間以内に提出することが困難な場合は、事前に当社へ確認を取り、承認を得ることで提出の期日を変更することができます。レポートの提出後、当社での検収が終了した時点で納品完了となります。
  4. レポート提出際に発生するパケット通信費を含む通信費等はスタッフの負担とします。万が一、通信トラブルなどで、マーケットウォッチャーの回答が困難な場合、早急に当社の担当者まで連絡をとり、指示を仰ぐこととします。
  5. スタッフが調査等の業務中に事前にマニュアル等において調査員であることを明かした上で本業務を行うものとされている場合を除き、自分がスタッフであることを調査及び業務対象者・企業に開示することを禁じます。
  6. 業務中に、業務の対象者と何らかのトラブルになった場合は直ちに業務を止め、必要であれば謝罪し、直ちにその場を離れるものとします。また、トラブル発生後は速やかに当社へ内容を報告するものとします。業務中に発生したトラブルに関して、当社は責任を負わないものとします。
  7. 業務に際して、喫煙・飲酒・宿泊などが必要となる案件は、未成年は応募してはならないものとします。また、喫煙・飲酒に関しては、スタッフの責任において行い、そのことが関係して発生した事故・法令違反、その他のトラブルに関して、当社は一切の責任を負わないものとします。また、宿泊を伴う業務の場合、 宿泊中の盗難、事故、その他のトラブルに関しても当社は一切の責任を負わないものとします。

第7条の2 エリアワーク

  1. スタッフに依頼する業務は各地域ごとに複数店舗ずつグループを作成します。スタッフが業務を受託する際は、そのグループに含まれる業務対象店舗全ての業務を受託することとします。エリアワークとはその対象店舗のグループで行われる業務及び納品物全般を指します。
  2. エリアワークを受託した場合は、各案件の発注書に記載されている、業務およびレポートについて第7条3項に規定されている手順を行い、当社にてエリアワーク全店のレポートの検収が終了した時点で納品完了となります。レポートを全て提出した時点では、納品完了とはなりません。
  3. スタッフの責により、エリアワークの対象店舗のすべての業務の終了及びレポートの提出期限内に第7条3項に規定された方法によりレポートの提出がなされない場合には、納品は完了されません。
  4. 前項にかかわらず、スタッフの責によらない事由により、発注時のエリアワークの対象全店舗の業務が完了できない場合には、当社とスタッフ双方の協議により、すでに終了している業務及び提出されているレポートのみでのエリアワークの対象業務一式とみなし、納品の完了を決定するものとします。
  5. 本条は第7条に加えて、エリアワークの際に適用されるものとし、第7条と本条の定めと異なる場合、本条の規定が優先して適用されるものとします。

 

第8条 業務に関する報酬 (以下「スタッフフィー」といいます。)

  1. スタッフフィーは、第7条第3項または第7条の2の第2項に規定されている納品完了をもって発生します。
  2. スタッフフィーには、原則として通信費、交通費等諸経費が含まれております。
  3. スタッフフィーは消費税を含めた金額となります。
  4. 毎月月末を締め日とし、本条第1項に従い月末当月の報酬を集計し、登録口座に翌月15日にお振込みいたします。
  5. 当該月の振込日が土曜・日曜・祝日の場合は、前銀行営業日に振り込むものとします。
  6. スタッフフィーは、登録本人名義の銀行口座への振込とします。
  7. スタッフフィー明細は、MediFより確認するものとし、明細書は発行しないこととします。
  8. スタッフ側の不備が原因で、指定口座への振込みができなかった場合、当社は支払遅延について一切の責任を負いません。
  9. スタッフの責によらず、エリアワークの納品が完了できなかった場合は、第7条の2第4項により納品の完了を決定した後に、両者の協議によりスタッフフィーを決定するものとします。
  10. 以下のいずれかの事由に該当する、スタッフフィーが減額される、または支払われないことがあります。

    ・当社が定める方法により決定された日程に業務を行わなかった場合
    ・業務の対象ロケーションとは、別の場所で業務を行った場合
    ・当社の研修およびマニュアルに記載されており、依頼した内容と異なる内容で業務を行った場合
    ・提出されたレポートに明らかな矛盾があり、スタッフに確認を求めるメールの送付および電話をしても12時間以内に返信がなかった場合
    ・レポートのデータ送信が途中で中断され、当社で受信していない状態で、レポートが未着である、という当社からのメールおよび電話に対して12時間以内に返信がなかった場合
    ・設問に対して、未解答があまりにも多いと当社が判断した場合
    ・虚偽の報告があった場合
    ・スタッフ自身ではなく、スタッフが依頼した第三者が業務を行った場合
    ・実費精算分でレシートまたは領収書のコピー等が必要とされている場合に、レシートまたは領収書のコピーが送付されていない場合
    ・スタッフの過失・故意によりレポートが提出できなかった場合
    ・第7条6項に該当するトラブル等を起こした場合
    ・第5条に違反する行為を行った場合
    ・スタッフ自身の都合によりエリアワークの納品が完了しなかった場合。
    ・その他、当社がスタッフへ行った研修および送付したマニュアルから判断し、それらから著しく乖離があると判断され、支払い対象と認めない回答と判断した場合
  11. 本条第11項に該当する場合、再度の業務を依頼(以下「再依頼」と言う)する場合がございます。当該依頼が完了した場合、第7条及び第7条の2にて定めたスタッフフィーを本条に従い支払うものとします。

第9条 機密保持

  1. 当社及びスタッフが、依頼する業務に関して機密保持契約を締結しなかった場合であっても、当社がスタッフに提供する情報および資料等(以下両者を「機密情報」という)を第三者に漏洩したり、業務の履行以外の目的に流用したりしないものとします。
  2. 以下の各号のいずれかに該当する情報は、前項の機密情報とはなりません。
  1. 開示の前後を問わず、スタッフの責めに帰せざる事由により公知となった情報
  2. 開示の前後を問わず、正当な権利者から守秘義務を負うことなく入手した情報
  3. 開示情報とは無関係に、スタッフが発意・創作・開発した情報

第10条 スタッフ登録の解除

  1. スタッフは、スタッフ登録の解除をいつでも行うことができるものとします。登録解除の際には直接当社へ当社所定の手続きに従い届け出ていただくことで解除することができるものとします。
  2. 登録解除日までに行われた業務で当社がレポートを承認したものは、支払い対象とします。そのため、指定口座は、登録解除後2ヶ月間は解約しないものとします。
  3. 業務を受託中のままでの、スタッフ登録の解除は認められません。
  4. レポート提出後スタッフ登録を解除された場合でも、レポート内容の確認等のご連絡がある場合があります。
    特別の事情がある場合は、当社までご連絡下さい。

第11条 スタッフ登録の抹消

  1. 以下の項目に該当する場合、当社はスタッフの承諾の有無にかかわらず、スタッフ登録を抹消することができるものとします。
    ・第5条の禁止事項に反した場合
    ・第13条の義務を遂行しない場合
    ・第2条1項(1)に違反し、20歳未満であるにもかかわらず、保護者からの同意を得ていなかった場合
    ・スタッフ登録後、当社がスタッフとして不適当と判断する場合に該当した場合
    ・その他、本規約のいずれかに違反した場合
  2. スタッフ登録を抹消する場合、当該スタッフが本サイトで保有する全ての権利を抹消するものとします。その場合は、当社より抹消の通知は行わないこととします。

第12条  損害賠償

  • スタッフが本規約に違反し、当社に損害を与えた場合、及び第三者に損害を与え、それにより当社が損害を被った場合は、当社は当該スタッフに対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第13条 スタッフの義務

  1. スタッフは、以下に該当する項目を義務として負うものとします。

    ・スタッフは登録情報に変更があった場合、速やかに訂正・修正変更し、更新をすること
    ・スタッフは、当社が提供する業務に関する情報や業務後の回答を第三者に開示・漏洩しないこと(掲示板やホームページへの記載を含みます。)
    ・不正回答をしないこと
    ・当社からの電話またはメールによる登録内容確認に対して回答すること
    ・当社からの電話またはメールによる業務の依頼があることを理解すること
    ・当社が業務の依頼後、電話またはメールによる業務の実施の確認に対して回答すること
    ・スタッフが行った業務及び調査の内容やその他追加質問等について、当社からの電話またはメールによる確認があった場合は、これに誠実に対応すること
    ・何らかの事情で業務が不可能な場合は、業務予定日時より前に当社へ通知すること

第14条 個人情報

  1. 当社はスタッフの個人情報管理について、「個人情報の保護に関する方針」に則り、管理を厳重に行うものとします。情報の改ざん、社外への漏洩、不正なアクセスなどが起きないよう、予防および安全対策を講じます。
  2. 当社では、登録されているスタッフの個人情報を当社からのお知らせ、業務の遂行、報酬等の振込、その他それに付随する業務の目的以外には、使用いたしません。
  3. スタッフから回収した業務のレポートは、回答結果から特定の個人が識別できる情報としては取り扱いません。
  4. 下記のいずれかに該当する場合、当社はスタッフの個人情報を第三者へ提供することができます。
    ・業務上必要と認められる事務処理等の外注を行う場合
    ・スタッフ本人の同意が得られた場合
    ・法令等により開示が求められた場合

第15条 提出されたレポートの著作権

  1. スタッフは、本事業に対して、スタッフが提出したレポートの回答内容の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、これらの権利を取得し又は登録等を出願する権利、その他のノウハウ及び技術情報等を含む。著作権については著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む。)を全てレポートを提出した時点で当社に譲渡するものとし、また当社は、そのレポート内容を自由に選択・修正、複製及び編集することができるものとします。なお、スタッフは、当該著作権に係わる著作者人格権を当社および第三者に対して行使しないものとします。
  2. 当社もしくは当社クライアントまたはこれらのものに指定されたものは、本事業に対してスタッフが提出したレポートを利用し、スタッフ本人の承諾なしに顧客に開示することができるものとします。なお、登録情報の取り扱いに関しては、第4条の定めるところによります。
  3. エリアワークをスタッフ自身の都合により中途キャンセルされた場合、キャンセルしたエリアワークのすでに提出されているレポートについては、本条第1項に定められている通り、当社の所有権となりますので、レポートの破棄はできません。また、当社が作成するレポートへの使用、第三者へ開示される場合があります。

第16条 本事業の内容の変更ならびに本事業の一時中断、停止および中止

  1. 当社は、いつでも、何らの告知なしに、またスタッフの承諾の有無にかかわらず、本事業の内容の一部もしくは全部を変更し、または本事業の一部もしくは全部を一時中断、停止および中止する場合があります。
  2. 第1項に基づく内容の変更または一時中断・停止および中止によってスタッフに不利益または損害が発生しても、当社はその責任を一切負わないものとします。

第17条 免責事項

  • 当社は、サーバその他システムの保守作業や通信回線の事故等に基づく本サイトやMediFの停止又は中断について、スタッフに通知しないで停止、中断を行うことができます。また、これによってスタッフに生じた損害について、当社は責任を負いません。

第18条 紛争の解決

  • 当社とスタッフは、本規約に定めのない事項について問題が生じた場合には、誠実に協議して問題を解決するものとします。

第19条 有効期限

  • 本規約は、スタッフが第10条、第11条に従い登録の解除又は抹消が行われるまで有効とします。

第20条 存続条項

  • スタッフ登録が解除された場合でも、第8条(但し、未払いの対価又は費用が存在する場合に限る。)、第9条、第12条、第13条、第14条、第15条、本条及び第21条の規定は、なおも効力を有するものとする。ただし、第9条の規定は本契約終了後3年間に限り有効に存続するものとする。

第21条 専属的合意管轄裁判所

  • 当社とスタッフとの間で本規約に関連して紛争が生じた場合は、東京簡易裁判所および東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

ポイント利用規約

(ポイントの定義・言葉の定義)

  • 第1条   本規約における用語は、それぞれ以下の通りの意味を有するものとします。
    (1) 当社
    株式会社メディアフラッグのことを言います。
    (2) MediF
    業務委託契約書の第1条3項に規定されている、スタッフ専用ページをいいます。
    (3) スタッフ
    当社のMediFに登録をしている方を言います。
    (4)ポイント(MF)
         当社が発行するポイントを言います。
    (5) MediPo!
    MediPo!とは、当社がスタッフに対して一定の特典を提供するプログラム(以下「ポイントプログラム」と言います)です。ポイントプログラムに加入・使用するための入会金や年会費等の費用は一切発生しません。
    (6) 提携企業
    当社より付与されるポイント(MF)を一定条件により当該企業が提供するポイント(以下「ポイント(提携)」と言います)へ交換できる企業のことを言います。

(MediPo!の概要)

  • 第2条   MediPo!は、スタッフが本規約の定めに従い、ポイント(MF)」を取得し、取得したポイント(MF)と引き替えに第4条に記載されている特典をスタッフが得ることができるプログラムです。
    2.    ポイント(MF)は当社が運営するMediFに登録されているスタッフを対象に付与されます。
    3.    ポイント(MF)が付与された当該MediFのアカウントを継続して保有するスタッフのみが、ポイント(MF)による一定の特典を享受することができるものとします。
    4.   ポイント(MF)はいかなる場合においても直接換金することは出来ません。
    5.   ポイント(MF)は、スタッフに対して具体的な商品やポイントへの交換を保証および何らかの利益を享受できることを保証しません。

(ポイント(MF)の付与)

  • 第3条   当社がポイント(MF)付与の対象として指定する業務および当社が企画するポイント(MF)付与キャンペーン(以下、「付与キャンペーン」と言います)に対し、スタッフがそのキャンペーンの条件を満たした場合に、ポイント(MF)を付与します。当社は、ポイント(MF)付与の対象となる取引、付与の時期、付与率、の有効期間、一定期間内に付与するポイント(MF)数の上限、およびその他付与の条件および告知の方法を当社の裁量で定め、スタッフにあらかじめ告知します。
    2.   ポイント(MF)付与の時期は、付与対象となる業務および付与キャンペーンごとに定める一定の行為または手続等が完了し一定期間を経た時点となります。付与対象となる取引のお申し込みをいただいてからポイント(MF)が付与されるまでの間に、当社またはスタッフが当該取引について解除、取消等を行った場合にはポイント(MF)は付与されません。
    3.   ポイント(MF)付与の基準を満たしている場合であっても、ポイント(MF)を付与することが適切ではないと当社が判断したスタッフについてはポイント(MF)を付与しないことがあります。この場合、スタッフは当社の決定にしたがうものとし、異議を申し立てることは出来ないものとします。

(ポイント(MF)の利用)

  • 第4条   ポイント(MF)の利用方法は、以下の通りとします。
    ・ ポイント(提携)への交換
    ・ 当社が提供するプレゼント、サービスその他特典(以下「特典等」と言います)への交換
    ・ 当社が行う特典等への抽選などを行うキャンペーン(以下「引換キャンペーン」と言います)への応募
    2.  引換キャンペーンおよび特典の内容および交換方法は別途当社が指定する方法により掲示または告知されます。
    3.   スタッフがキャンペーンへの応募および特典への引き替えを請求する場合には、当社が設定する条件を満たすスタッフが、当社が指定する方法によりおこなうものとします。
    4.   各提携企業のポイントとポイント(MF)との交換レートは、当社と各ポイント交換パートナー企業との個別の取り決めによって決定されるものとし、下記の通り定めるものとします。なお、この交換レートは、各提携企業の事情により、事前の通知無しに変更されることがあります。

    ■ Point Exchange
    ポイント(MF):Point Exchange=1:1
    交換最低ポイント:500ポイント(MF)/1回
    交換最大ポイント:100,000ポイント(MF)/1ヶ月
    5.   提携会社のポイントプログラムに参加する場合には、別途、当該ポイントプログラムの利用規約に同意するものとします。ただし、提携会社のウェブサイトおよびポイントプログラムの利用については、提携会社の定めに従うものとし、当社は一切の責任を負いません。また、それによってスタッフが受けた損害についても一切の責任を負わないもとします。
    6.   ポイント(MF)は最終獲得日から6ヶ月間、新たに弊社委託業務へのエントリーがなされない場合、自動的に失効します。
    7.   各提携企業の個々事情によりご希望の提携企業のポイント(提携)に交換が出来ない場合があります。

(ポイント(MF)の失効)

  • 第5条   以下の条件に該当する場合、スタッフはポイント(MF)を失効します。
    ① 当社とスタッフの間で締結した業務委託契約(以下「業務委託契約」とします)の第10条(スタッフ登録)の解除事由に該当する場合。
    ② 業務委託契約書の第11条スタッフ登録の抹消に該当する場合。
    ③ 第4条(ポイントの利用)6項または7項に該当する場合。
    ④ 第13条(禁止事項)に該当する場合。
    ⑤ その他、当社がポイントの失効が適当と当社が判断する場合。
    2.   スタッフは、前項のポイント(MF)の失効理由に該当した場合、その時点までスタッフが獲得していたポイント(MF)、特典、景品の取得権利など、ポイント(MF)の利用に関する一切の特典、権利を失うものとします。また、再登録をした場合においても、失効した情報、権利については復帰しないものとし、当社に対して何ら請求権も取得しないものとします。
    3.   ポイント(MF)から提携会社へのポイント交換の申請および当社の景品の引き換えが未完了の時に第1項の規定に該当した場合は、申請中のポイント(MF)から提携会社へのポイント(提携)交換の申請および当社の景品の引き換えを無効とし、当サービスの利用に関する一切の特典、権利を失うものとします。なお、ポイント(MF)を使用したキャンペーンへの応募中に第1項の規定に該当した場合には、当該キャンペーンへの応募も無効とします。
    4.   当社は、当社が定める方法によりスタッフに対してポイント(MF)の失効の通知を行うものとします。期限切れ失効の場合はMedif上に失効ポイントとして明記しますので通知にあたると考えます。期限切れに限れば事前に告知する事も検討します。

(ポイント(MF)利用の取消)

  • 第6条   スタッフがポイント(MF)を第4条により利用した後に、第5条1項によりポイント(MF)が失効した場合は、当該利用の対象となる取引(以下「ポイント利用取引」という)が取消されることがあります。
    2.   本条1項により提携会社へのポイント交換が取り消された場合、提携会社のポイント(以下「提携ポイント」と言います)への移行は行われません。
    3.   スタッフがポイント(MF)を特典の交換に利用した後に、ポイント(MF)が第5条1項に該当する失効の場合は、特典の交換は取り消されます。なお、当社は会員がすでに特典を受領している場合には、ただちに当社へ特典の返還を行うか、特典に相当する金額の支払を請求することができるものとします。

(個人情報の取扱)

  • 第7条   別途スタッフが同意する「個人情報のお取り扱いについて」に準じます。

(会員情報の変更)

  • 第8条   業務委託契約の内容に準じます。

(ユーザーID及びパスワードの管理)

  • 第9条   業務委託契約の内容に準じます。 2.   当社は、当社の責によらないもので、スタッフの故意、過失の有無に関わらず、ユーザーIDが第三者に使用されたことによってスタッフが被る被害について一切の責任を負わないこととします。

(ポイントの照会)

  • 第10条  スタッフは、当社所定の方法により、スタッフが保有するポイント(MF)数を照会することができるものとします。
    2.   スタッフは、前項により照会したポイント(MF)数に疑義のある場合には、ただちに当社に連絡し、その内容を説明するものとします。ただし、ポイント(MF)数に関する最終的な決定は当社が行うものとし、スタッフはこれに従うものとします。

(サービスの一時的な中断)

  • 第11条  当社は、以下に該当する場合には、スタッフに事前に連絡することなく一時的にMediFを中断する場合があります。また、当社はこれ以外の事由によりMediFの提供の遅延または中断が発生したとしても、これに起因するスタッフまたは他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。
    ■ MediFのシステムの保守、点検、修理、変更を行なう場合
    ■ 火災、停電、天災、騒擾、労働争議等の社会紛争などによりMediFの提供ができなくなった場合
    ■ その他、運用上、技術上当社がMediFの一時的な中断を必要と判断した場合

(税金および費用)

  • 第12条  ポイント(MF)の取得、ポイント(MF)の利用、特典との交換に伴い、税金や付帯費用が発生する場合には、会員がこれらを負担するものとします。

(禁止事項)

  • 第13条  スタッフが保有するポイント(MF)を他者およびMediF上の他のアカウントに譲渡、貸与、または担保に差し入れること、ポイント(MF)を共有することはできません。また、ポイント(MF)は相続できません。
    2.   ポイント(MF)の使用は、スタッフ本人が行うものとし、当該スタッフ以外の第三者が使用することは出来ません。なお、当社はポイント(MF)使用時に入力されたユーザIDおよびパスワードが登録されたものと一致することを当社が所定の方法により確認した場合には、会員本人による使用とみなし、それらが盗用、不正使用その他の事情により会員本人以外の者が利用している場合であっても、それが第三者による不正使用であった場合でも、当社は使用されたポイント(MF)を返還せず、会員に生じた損害について一切責任を負いません。
    3.   業務委託契約第5条(スタッフの禁止事項)に該当する行為を行ってはなりません。

(損害賠償)

  • 第14条  スタッフはMediFおよびポイント(MF)の利用により当社や第三者に対し損害を与えた場合は、その一切の債務を自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

(規約の変更)

  • 第15条  当社は、いつでも本規約を変更できるものとします。
    2.   当社が本規約を変更した場合、ポイント(MF)の利用条件は変更後の利用規約によります。変更後の利用規約については、当社が別途定める場合を除いて、ウェブサイト上に表示した時点より効力を生じます。なお、変更点については、同時にMediF内に掲示されるものとします。
    3.   スタッフは、本規約の変更に同意しない場合、業務委託契約第10条に従いスタッフ登録を取消すことができます。前項の掲示が行われた後にスタッフがMediF内の機能の利用を継続した場合には、変更に同意したものとみなします。

(規約の廃止)

  • 第16条  当規約が廃止される場合、当社はスタッフへ事前にMediFに掲載するものとします。
    2.   前項により、当規約が廃止する場合には、廃止時にスタッフが保持しているポイントについては、失効となります。なお、これに起因するスタッフまたは他の第三者が被った損害について当社は一切の責任を負わないものとします。

(規約の範囲について)

  • 第17条  本規約以外に、MediFによって公表しているすべての規定、規則、注意事項、お知らせ等の記載は、本規約の一部を構成し、利用者はこれを承諾した上で利用するものとします。

(準拠法)

  • 第18条  この規約に関する準拠法は、すべて日本国法が適用されるものとします。

(管轄裁判所)

  • 第19条 本規約に関する紛争が生じたときは、当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

個人情報のお取り扱いについて

  1. 事業者の氏名または名称

    株式会社メディアフラッグ
  2. 個人情報保護管理者

    個人情報受付窓口 管理部
  3. 個人情報の利用目的

    ご入力いただいた個人情報は、次の目的の為、利用させていただきます。
    <対象業務>
    1. 覆面調査
    2. ラウンダー
    3. その他当社が提供する業務
      • 対象業務の依頼、研修等、進捗管理、提出レポート等の検収の管理資料として
      • 対象業務上必要となる資料、資材の発送、および回収のため
      • お問い合わせ、ご質問への回答のため
      • 対象業務の報酬などの支払の資料として
  4. 個人情報の第三者提供について

    取得した個人情報を上記の利用目的以外で第三者に提供することはありません。
  5. 個人情報の取扱いの委託について

    取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を上記の利用目的以外の目的で委託することはありません。
  6. 開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について

    ご本人からの求めにより、当社が保有している個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止等を請求される場合、下記の手続きをしていただいた場合に対応いたします。
    開示等に応ずる窓口は、下記の「お問い合わせ先」をご覧下さい。
    ∇来社・郵送又はFAXによる場合
    • 下記の内容を記載した申請書(フォーマットは自由)
      ・請求日   ・住所   ・氏名   ・電話番号   ・FAX番号   ・E-mail
    • あらかじめ取得した本人しか知り得ない情報で本人であるか確認させていただきます。
    • 代理人の場合、②とあわせて本人からの委任状の提出
    • 必要により本人に負担がかからない程度の手数料を納入していただく場合があります。
  7. 個人情報を入力するにあたっての注意事項

    お預かりする個人情報の内容については任意と致しますが、当社からの各種サービスに必要とされる項目に記入がない場合や内容が正確でない場合は、円滑なサービスのご提供に支障をきたす可能性がございますので、予めご了承下さい。
  8. 本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

    クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。
  9. 個人情報の安全管理措置について

    取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
    お問合せへの回答後、取得した個人情報は当社内において削除致します。
    個人情報を入力するサイトは、SSL(Secure Socket Layer)による暗号化措置を講じています。
    ::::::: お問い合わせ先 :::::::
    https://www.mediaflag.co.jp/contact/kojin_form.php

おすすめのお仕事

窓ミチル さん へおすすめのお仕事をご紹介いたします!

空いている日を登録しよう